tpoipoi’s blog

聖書の読書感想文です。

出エジプト2章 寄留者

モーセの出生は何度読んでもドラマチックです。ファラオの娘に拾われ、ファラオの子として育てられるも彼のアイデンティティヘブライ人でした。大人になったモーセは同胞を救おうとしたことがあだとなり、ファラオに命を狙われることになりました。こうしてモーセはやむを得ずファラオのもとを去っていきます。

 

神のご計画はモーセによりイスラエルをエジプトから脱出させることでした。しかし、機は熟していませんでした。神の時というものがあります。決定的な時です。この時のモーセのように神の時を待たず、自分の意志のみで重大な決断はすべきではありません。

 

ミディアンのもとに身を寄せることになったモーセは祭司の娘と結婚して子どもを設けます。彼はその子にゲルショムと名付けます。「私は異国にいる寄留者だ」と言ったからです。本来いるべきところにいない自分の不甲斐なさ。人生にはそのような立ち位置に立たされることがあります。しかし、それは神から見放されたことを意味しません。

 

イスラエルの民もある意味、異国にいる寄留者でした。神に苦しみのあまり叫ぶ声は神にしっかり届いていました。「神は彼らを御心に留められた」(2:25)やがて時が満ちると彼らはモーセに先導されてエジプトを脱出し、本来の立ち位置に戻されていきます。

神はご自分が召した人をそのように取り扱われます。その渦中は真っ暗で出口の見えないトンネルを進むかのようです。しかし、必ず出口が用意されています。神は試練と共に脱出の道も用意されるお方なのです。だから、クリスチャンは神に信頼して歩んでいくのです。

出エジプト記1章 非常に強くなった

1:7 イスラエルの子らは多くの子を生んで、群れ広がり、増えて非常に強くなった。こうしてその地は彼らで満ちた。

 

神はアブラハム契約に従ってイスラエルを祝福しています。エジプトの王の妨害があっても助産婦たちの信仰によりイスラエルは「増えて非常に強くなった」(1:20)当時、イスラエルはエジプトの奴隷でした。虐げられていても、妨害があっても神の祝福は途絶えることがなかったわけです。目に見える状況がいかようであっても神は新しい契約に従って信じる人を祝福してくださいます。

 

イスラエルを助けた助産婦たちは神に祝福されました。これもまたアブラハム契約による神の祝福です。「あなたを祝福するものを祝福する。」助産婦たちは「神を恐れ、エジプトの王が命じたとおりにし」ませんでした。異邦人であっても神の契約の原則は変わりませんでした。

 

神の祝福は力強いのです。それゆえに私は私を強くしてくださる方によってどんなことでもできるのです。神の導きに従って始めたことは神の祝福により前進していきます。だから目に見える状況に振り回されないようにしましょう。

 

わたしを強くしてくださる神よ。問題は次々とやってきますが、あなたの祝福の内に今日も強く雄々しくあることができますから感謝します。キリストを信じる信仰によりわたしもアブラハム契約の祝福に与ることを信じます。どうかわたしに関わるすべての人たちにあなたの祝福がありますように。イエス・キリストの御名によりアーメン。